四方がジゴクのところにすき間なく、ジョイントもなしでキッチン板を貼る技




べつにキッチン板じゃなくても、ベニヤでもボ-ドでもいいのですが、今回は需要が高いキッチン板で解説。

とにかくジゴクになった空間にジョイントなしで建材をすき間なく貼り込む方法、というプロ向けエントリ-です。

ジゴクとは

簡単に言えば、すき間が許されない空間。

 

実際に貼ろうとするとどうなる

ピンク色の部分にキッチン板をすき間なく貼ることにしましょう。

両壁に挟まれ、天井はクロス、床はフロ-リングです。
(天井の表現を簡略化していますが、ピンク部分の上部が天井です)

天井には廻縁(まわりぶち)がなく、床には巾木がありません。
キッチン版を施工する部分はたいていそうですよね、廻縁がなく、巾木もなしです。

つまり四辺ともにすき間は許されない状況です。

 

僕らの施主さんは事もなげに「ジョイントなしでお願い」、と簡単に言い放ちます。
3×8(909×2424)サイズのキッチン板が売っているので、たいていの部屋高さの場合、施工技術さえあれば天井までジョイントなしで貼れるわけで、施主さんにしてみれば「サイズがあるんだから貼れるよね」という軽い感じです。

さて、どうなることやら

採寸してみる

さぁ、それでは壁を採寸してみましょう。

採寸の結果、まず、壁の両端(高さ)は左が2365、右が2370でした。
極端に描くと下図のような感じですね

 

 

でもこれはリアルじゃないですよね。床が水平だとは限らないから。
実際のところは、

天井の水平が良くて、床の水平が悪いかもしれないし、

いやいや、おそらくこんな感じで台形型に上も下も悪いでしょう。

 

壁のタチもどうなっているかわからないです。おそらく少し倒れているでしょう。

つまり、四隅の角度がわからない限り、寸法を測ってみても、それは正確な採寸ではない、ということです。

 

もう一度現場を見てみましょう。

空間が閉じているので、現場にキッチン板を持って行って、「仮に合わせてみる」、ということができません。
仮にも入らないし、床も天井も両横の壁も傷めてしまうでしょう。

じゃあどうやって四方ジゴクの場所にスキマなく施工するのか。。

それではやっていきましょう。

 




ここから先のコンテンツは建築業者さんのみ閲覧可能となっております。

建築業者さんはログイン、または無料業者登録をしてください
色んな機能が無料で活用できます